2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作った曲とか

昔作ったやつ。また作りたいなー。
とりあえずいまのノーパではデバイスが不安定すぎてむり。ソニーのくせに><

音量大きめっぽいので注意(


muzieにほかのもおいてます。
ryって書いてあるやつ。

soundcloudにもおいてます。

スポンサーサイト

ヒステリシスフィルタVST

手に入れ方:
hysteresisvst
http://code.google.com/p/hysteresisvst/

Sourceからsvnでチェックアウトするか、
Source->Browse->svn\trunk\Release\hysteresis.dll->View raw fileでプラグインをダウンロードできるみたいです。

落としてきたhysteresis.dllをDAWソフトのVSTフォルダとかに入れておけば動くはずです。むしろ動いてくれるとうれしい。

英語でコメント(クラッシュレポート)付いててびびった。
しかしVSTiを入れる場所にVST-FX突っ込んでも鳴らないと思うんだ。まあいいけど。そのうちジェネレータも作るつもりだし。

最初の目的であるヒステリシス入りフィルタはとりあえずできたけど、パラメータがとっても多くなってしまった。もっと直感的にいじれるパラメータを考えねば。直感的ってなんやねんて話になるけどね。

直感的ってどうやって評価するんだろう。認知心理学的な実験がいるんだろうか?でも、音の「感じ」をパラメータで調整するというその「調整しやすさ」を、どうやって客観的に評価しろっていうんだ、と思うが、どうでもいいや。

あと、電気系の人々はヒステリシスをとっても嫌うわけだ。それをわざわざCPU使って、美しいデジタルの音声信号にヒステリシスを入れ込むわけだから、どんだけ嫌味やねんという気もするが、どうでもいいや。

どうでもいいことばっかりで、どうでもいいや。

Google Codeいいねー。なんというか、審査なしというのが、へたれの僕にはちょうどツボ。

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

ヒステリシスVST

前回ヒステリシス計算は処理が重すぎて困ったものだ、という感じのことを書いた。

そういうわけで、いろいろ模索していたら、μが計算しやすい条件だったら、入力をn分割したときのオーダをnまで下げられることがわかった。
(ヒステリシスのrelay素子の動きをじ~~~っと観察して見つけた。)

とりあえずVSTを実装してみた。
補間は未実装。

rydot_uljp00012.zip
pass: rydot
ソース付き。

hysteresis.dllをDAWソフトのVSTフォルダとかに入れれば動くはず。
gainで入力ゲインを設定する。音のカクカク感が変わるはず。

つづきがあるっぽい »

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

ピッチシフトの文献

こんなのがあった!

The DSP Dimension:
Pitch Shifting Using The Fourier Transform
(フーリエ変換を使ったピッチシフト)
http://www.dspdimension.com/admin/pitch-shifting-using-the-ft/


いま読んでるところ。
ソースコード付き。

音声に適用する場合の注意点も書いてある。なんて親切!

The DSP Dimension:
On the Importance Of Formants In Pitch Shifting
(ピッチシフトするときのフォルマントの注意点)
http://www.dspdimension.com/admin/formants-pitch-shifting/


フーリエ変換をぜんぜん理解してなかったときにwavの速度変えるぞとかやってたけど、
音がへろへろだった。
たぶんへんてこなフィルタとして働いてたんだろうなあ。
まあいまも完全に理解しているわけないけどなあ。

(2008.05.12)
ボロリンにテキトーに読んでみた感じを書いておいてます。
よければご覧になって。

ボロリン:
ピッチシフトをしてみよう
http://blog.jyoken.net/?eid=793438

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

«  | HOME |  »

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

rydot

Author:rydot
かりんととお茶が好物の情報心理学好きのへたれCAD屋さん且つなんちゃってクリスチャン。

twitter @rydotyosh
hatenablog http://rydot.hatenablog.com/

images下およびdropbox下のリソースはccのはず。プログラムはオープンソースのはず。たぶんリンクフリー。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。