2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すてきなgimp設定みっけ

gimpで色鉛筆っぽくなる設定をみつけた。
ついでに水彩色鉛筆っぽくもしてみた。
お絵描きが楽しくなりそうな予感。

以下A5, 300ppiの場合

・gpen 色鉛筆用
sizeを小さめ(2.0ぐらい)にして、modeを消散にする。

・erasor もちろん消しゴム用
alphaをかなり下げて(15ぐらい)重ね塗りにする。色鉛筆の消え残り感がよく出る。

・mixbrush 水彩筆用
alphaを下げて(30ぐらい)、maincolor/densityを0にする。筆で伸ばすだけになる。
pickup/samplesizeも上げておくといい(30ぐらい)。
alphaを下げることで色鉛筆の残り感が出る。
にじみ感はさすがに出ないけど、まあ仕方ないね。
(もうちょっと使い込んだらにじみ感が出る設定も見つかるかもしれないけど...)

あと、パレットがあるとよす。
図のパレットは僕が使い慣れてる色鉛筆のカラーセット+α
もっと使いやすいシリーズが見つかるかも。

gimpcolorpencilsetting_s.png
スポンサーサイト

テクスチャを作ろう/2.色調をそろえる

 GIMPを使って写真などからテクスチャを作る方法を紹介します。
 今回は、画像から色調を読み取り、パレットを生成、テクスチャを好きな色調に変換する方法を紹介します。
※ このアーティクルは「GIMPを使いたいな~」と思わせるために書いたものなので、AdobePhotoshoのショートカットとかは書いていません。ご了承。

つづきがあるっぽい »

テーマ:CG - ジャンル:コンピュータ

テクスチャを作ろう/1.パターンをゲット

 GIMPを使って写真などからテクスチャを作る方法を紹介します。
 今回は、写真などのリソースから、使えそうなテクスチャパターンを作る方法を紹介します。
※ このアーティクルは「GIMPを使いたいな~」と思わせるために書いたものなので、AdobePhotoshoのショートカットとかは書いていません。ご了承。

つづきがあるっぽい »

テーマ:CG - ジャンル:コンピュータ

«  | HOME |  »

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

rydot

Author:rydot
かりんととお茶が好物の情報心理学好きのへたれCAD屋さん且つなんちゃってクリスチャン。

twitter @rydotyosh
hatenablog http://rydot.hatenablog.com/

images下およびdropbox下のリソースはccのはず。プログラムはオープンソースのはず。たぶんリンクフリー。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。